読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼科の先生「カエルでいいよ、カエルで!」

子育て / 1歳

昨日目を打った娘。
子ども向け医学書(家庭の医学みたいな本)を引っ張り出して読んだところ、
目が充血していたり開けづらそう、みたいな事がなければ
すぐに病院へ連れて行く必要はないとのことだったので、
翌朝の開院を待ちました。

眼科で診てもらったところ、眼球に異常はなかったので一安心。
おりこうだったね〜とケロちゃんのおもちゃをもらったのだけど、
先生の「カエルでいいよ、カエルで!」の声が聞こえてきました。
ここの先生、雑なのよね…でもきちんと診てくれるし説明もしてくれるし、
悪い先生ではないのは確かです(わたしのかかりつけ医です)。

まぶたが腫れてるし怖がって泣いて目を開けられないので
器具を使って目をがばぁっと開けさせるんですが、
その器具が無印のフックみたいなやつで…あんなものが存在することに驚きました。


ステンレス扉につけるフック 約幅3.5×奥行6×高さ6cm | 無印良品ネットストア

これを上と下のまぶたに引っ掛けてぐわっと開くんです。
よく頑張ったね、娘…。
これからは厳しくてももう少し娘の動き方を制御しよう…。
今は本能のままに動く時期なんだろうな〜。


ケロちゃんはお風呂遊びの仲間となりました。
歯医者でもらったおもちゃもあるし、お風呂のおもちゃがどんどん増えていく。